2017年01月04日

今年は酉年!

2017年がスタートしました!
今回は今年の主役である鳥の中から、キバタンの『ピッチ』の紹介です♪
すでにみさき公園に遊びに来られた方で心奪われた方、いらっしゃるのではないでしょうか。
DSC03714.jpg

なんといってもピッチはおしゃべり上手!
「オハヨウ」「コンニチワ」「バイバイ」「ピッチ―」など色んな言葉を話します。
お部屋の前に『「ピッチちゃん元気」を覚えている所です』と書いていたところ、皆さんに声をかけていただいて、かなりマスターしてきました。

勢いあまって「ピッちゃんピー!」と「カトちゃんぺ」のごとく叫んだりしている事も・・・

ちなみにオウム返しとはいいますが、必ずしも言った言葉をそのあと同じように話すのではなく、ピッチのテンションしだいで覚えているレパートリーの中から好きな言葉を話しますので気長にコミュニケーションをとってくださいね☆

去り際にさり気なく話していることもありますので、聞き逃しに注意してください☆


キバタン担当:池内

posted by みさき公園スタッフ at 19:11| 日記

2016年12月31日

「歩きます。」

みなさんこんにちは!早いもので2016年も、もう終わりですね。
2016年はどのような1年でしたか?

冬はみさき公園の開園日が少なくなりますので、私たち獣医も治療にかけられる時間がまとまって出来ます。
検査や治療が必要な動物がいないかどうか、それは飼育員さんやイルカトレーナーさんたちから情報をもらうことが多いのですが、自分たちの足を使って園内の巡回も1日2回はするようにしています。

巡回は朝と夕方の飼育の時間に合わせてすることが多いのですが、昨日まで治療していた動物の治療も必要かどうか見極めるために、治療セットを持ち歩いていることがほとんどです。

治療セット?
どんなものを持ち歩いているの?
ということで、普段私たちが持ち歩いている巡回ボックスの中身をご紹介します!

@巡回ボックス.JPG
このようなプラケースに入れて持ち歩きます。

A治療セット.JPG

B入れたところ.JPG

薬を吸った注射、アルコールで湿らせた綿花、ガーゼ、洗浄用の生理食塩水、針、注射筒、などなど…
その日の治療に合わせたセットを組んで、毎朝、毎夕巡回へ出発しています。

治療だけでなく、前もって計画していた検査などの準備も持ち歩いていることもあります。

ボックスを持ったスタッフを見かけたら、何が入っているのか、何のために使うのか、ぜひ声をかけてみてくださいね〜。

動物たちにとっては年末も年始も関係なく、淡々と日々が過ぎていっていることでしょう。寒さが厳しい冬となりそうですが、みさき公園の動物たちも冬を乗り切ってくれるよう、私たち獣医師も健康管理には気を付けていきます!

2017年も良い年でありますように!

獣医師;橋本
posted by みさき公園スタッフ at 10:43| 日記

2016年12月14日

食欲が増してきた時期!

こんにちは!
最近、やっとみさき公園内のもみじが綺麗な赤色に変わってきました!!
寒くなってきたのを実感しますね。
メモリアル資料館からカンガルー舎間の道のもみじも真っ赤!!
写真紅葉.jpg

寒くなってくると自然と食欲が増してきますよね(*^-^*)
動物たちも同じでいつもよりエサの食いつきの勢いが出てきました!

みさき公園のレッサーパンダも食欲が増してきて体重が増えてきました!
野生のレッサーパンダは寒いところに生息しているので
皮下脂肪をためやすい動物なので、週に1回体重測定を行っています!
測定方法はレッサーパンダが大好きなリンゴを個体に見せ、量りの上に乗るように誘導し
量りの上に乗れたらリンゴを与えます。
個体がリンゴを食べている間にメモリを確認しています!
今年の6月15日に誕生したルカも量りに乗り測定することができるんです!

写真るか.jpg
ですが、あまり落ち着きがなく、すぐに量りから降りてしまうので
良い写真が撮れませんでした(T_T)

お父さんのアルは量りの上でじっとしてくれるので良い写真が撮れました!!
写真ある.jpg

体重測定以外にも
風邪や他の病気にならないように
毎日の健康管理を大切にしましょ〜(*’ω’*)

レッサーパンダ担当 乾
posted by みさき公園スタッフ at 19:38| 日記