2020年01月10日

アライグマ舎小改装

皆さま明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

獣医師の黒木です。
今回は獣医担当動物のアライグマ舎のちょっとした改装を行ったのでご紹介します。
まずはこの大きな流木です!

写真@.jpg

実はこれはアナグマ舎に元々あったのですが、あまり必要なさそうなので、アライグマの所へ移動しました。アライグマ舎は元々大きな木の台があったのですが、台風の影響で倒れてしまい室内が少し寂しくなってしまったのでこの木を置いてみました。置いた後は三頭とも興味津々に匂いを嗅いだり乗ったりしてくれていました。

次が先ほどの写真にもチラッと見えていたのですが、このブランコです!

写真A.JPG

遊んでくれることを期待してこれを設置したのですが、悲しいことにあまり興味を示してくれず、ただのオブジェと化しています、、、 悲しみのブランコです。
しかし、クリスマス頃に試しにブランコの傍にリース(カンガルー担当のお姉さんが作ってくれました!)を設置してみるとこのブランコに手を添えてリースをガジガジ齧って楽しそうにしてくれていました。少しは活躍したと信じています。



次に寒さも厳しくなってきたので、簡単な風よけの小屋的なのも作ってみました。

写真C.JPG
写真D.JPG

お客様からも見えるように透明のアクリルを設置しています。寒い日はこの小屋の中で三頭団子になっていて、たまに上に登ったりもしてくれています。

このように獣医もたまには日曜大工的なこともしております!
寒い日が続きますが、アライグマのかわいい団子の姿や、改装したアライグマ舎を是非見に来てください!
最後にライ君が何よりも楽しそうに遊んでいた脚立(ブランコ設置するために一時的に持ってきただけ)の画像をお届けします。

写真E.jpg
posted by みさき公園スタッフ at 10:37| 日記

2020年01月06日

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
今年もみさき公園をよろしくお願いします。
寒い日が続きますね。動物たちも身を寄せ合って、暖をとっています。

写真1.jpeg

2020年はネズミ年ですね。みさき公園にはネズミさんの仲間が沢山います。
ふれあい広場では、その仲間たちに会うことが出来ます。
カピバラさんや

写真2.jpeg

マーラさんやモルモットさんがいます。

写真3.jpeg

ぜひ、遊びに来てくださいね。新年も皆様のご来園をお待ちしております。


動物園担当  松本
posted by みさき公園スタッフ at 15:38| 日記

2019年12月29日

退屈しない毎日

みなさんこんにちは。
今回は思いがけない行動で担当者を驚かせる、あの南米動物を紹介します。

つい最近、コモンリスザルのアユムがしたある行動

1.jpeg

筋トレをしているかのようなポーズ。この後尻尾を器用に引っ掛けながらス〇イダーマンのように壁を這ったりジャンプしたりしていました。

ですが南米の森には、リスザルをも上回るドッキリ仕掛人集団がいます。
その名も、
フタユビナマケモノです。

まずは紅一点のメグ。

2.jpeg

8月のある日の朝。日差しが眩しかったのでしょうか、アルマジロの小屋を日除けにしていました。メグはアルマジロの地面が、腰を落ち着けるためのお気に入りスポットですが、小屋をこのように使ったのは後にも先にもこの日だけでした。

次はモア&マコ。

3.jpeg

上が父のマコ、下が息子のモアです。実はモア、今でこそ他の個体と同じ空間にいますが、夏の初めくらいまで隔離舎で過ごしていました。爪などの健康状態の関係で隔離舎から出し、ちょっとずつ他の個体と馴染んでもらうようにしていた期間、この姿が見られました。モアがマコに抱きつくように腰をおろしています。
モアがぶら下がりたい木の枝にマコが腰掛けていたので、仕方なくマコごと抱きついただけかもしれませんが、とてもほっこりしました。
成獣オス同士なので、闘争がないかハラハラしていましたが、まったく喧嘩することなく馴染み、モアたちの順応性の高さに驚かされました。
トリをかざるのは最年少のミヤビ。

5.jpeg

雑誌の袋とじに出来そうなポージング、大胆です。アルマジロの小屋に潜り込むことは日常茶飯事、しかしアルマジロの部屋のコンクリートに寝転がるとは・・・
実はミヤビ、南米一のトリッキーボーイです。

5.jpeg

アルマジロ用の餌をペロリ、犯行現場を目撃しました。
フタユビナマケモノが雑食であるということを、改めて実感しました。
*アルマジロ用の餌は、この後飼育員によってミヤビから守られました。

このように、南米の森のフタユビナマケモノはとても個性豊かです。日中は寝ていることが多いフタユビナマケモノですが、じーっと観察していると面白い行動をするかもしれませんよ!
ただし、寝ているナマケモノを起こそうと窓ガラスを叩くと動物にストレスがかかります。
ゆっくり気長に見てあげてくださいね!

南米の森担当 井上
posted by みさき公園スタッフ at 09:54| 日記