2020年03月25日

ラマのベストショット!!

春が近づいてきて、だんだん暖かくなってきましたね。みさき公園の動物たちもスタッフもほのぼの時を過ごしています。
さて、今日はラマたちのほのぼの出来るベストショットを見て頂きたいと思います。ラマは、キリンとシマウマの坂を上がった所に展示しています。よく、皆さまに読んで頂けるのですが、「アルパカちゃうで、ラマでっせ」の看板があるところですね。

1写真.jpeg

アルパカとラマは間違えやすいですね。アルパカは顔周りの毛が長くもこもこしていて、耳が三角で小さいのに対して、ラマは顔周りの毛が短く、耳はバナナのような形をしています。みさき公園には、ラマが三頭います。では、それぞれのベストショットを見ていきたいと思います。まず最初は、ラマオさんから紹介したいと思います。

写真2.jpeg

上の写真の左側がラマオさんです。そのお隣の右側が息子のブルーベリー君ですね。二人は仲良しでお昼寝の時一緒に横になることが多いですが、餌の時は別でお互いに唾のかけあいをして、唾が臭いのでとっても周囲が臭くなります。初めはブルーベリーくんとのツーショットで見て頂きたいと思います。こちら!

写真3.jpeg

こちらも、左がラマオさん右がブルーベリー君ですね。ラマオさんの首の毛が生え変わりなどもあって、まだらに抜けているのですがなんとその毛をブルーベリーくんがむしゃむしゃ食べていました。ラマオさんも嫌がる様子もなくこちらをジーと見つめていました。ラマオさん、もう一枚ベストショットがあります。それがこちら!!

写真4.jpeg

これはお昼にりんごをあげているのですが、この上目遣いとっても可愛いですね。ラマオさん、りんごが大好きでもっと欲しいとほかの子たちのリンゴも食べようとします。食いしん坊なラマオさんです。
では、お次はとっても美人な女の子のラマ子さんです。

写真5.jpeg

ラマ子さんはブルーベリー君のお母さんで、とっても警戒心が強く初めは近づくだけでも大きな声で鳴いて嫌がっていましたが、最近は慣れたのか触っても怒らなくなりました。そんなラマ子さんのベストショットはこちら!!

写真6.jpeg

こちらは餌を食べているところなのですが、丁度口がアイーンとなっていますね。いつもは可愛いお顔をしているのですがこんな面白い顔も出来るんですね。様々な表情をしてくれるラマ子さん、いつも小屋の方にいてるので窓からのぞいてみてください。
最後は二人の息子のブルーベリー君です。お昼寝中のブルーベリー君を見ていただきましょう。こちら!!

写真7.jpeg

とっても可愛いですね。こんなにスマイルなお顔は初めて見ました!ブルーベリー君はよくお腹が空くと「んー、んー」と低く鳴いて早く餌をくれと催促してきます。そんな個性あふれるラマたち。ぜひ、ラマたちに会いに来てください。大変せわしない時期ではありますが、みなさん体調崩さないようにお気を付けください。また、みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。

ラマ担当 松本
posted by みさき公園スタッフ at 19:35| 日記

2020年03月17日

ついにこの子が戻って来ました!!

トビのトビィです!

写真1.jpeg

トビィは一昨年まで展示されていたので
ご存知の方も居るかもしれません。
すごく臆病な子で、担当になってすぐは僕が近くにいるだけで
エサを食べないような子です。
そんなトビィも今では慣れて僕が獣舎に入ろうとすると、
扉の前までお出迎えまでしてくれます!(エサが欲しいだけ、、、)

写真2.jpeg

でもエサをあげてしまえばこんなにも遠くに
さみしすぎます、、、

写真3.jpeg

営業再開した際には、ぜひ自由気ままなトビのトビィを見に来てください!

トビ担当 吉田
posted by みさき公園スタッフ at 14:47| 日記

2020年03月12日

南米の癒し担当

南米エリアで来園者が高確率で足をとめる動物がいます。

カピバラです。
ナマケモノやアルマジロは寝ているし、リスザルは動き回るしで良い感じの写真が撮りづらい南米エリアですが、カピバラは絶好の被写体だと思います。

ということで、今回は皆さんお待ちかね、カピバラをご紹介いたします。

南米エリアのカピバラはとてもマイペースで、日中は窓越しにリスザルと日向ぼっこしたり

りすかぴ.jpeg

寒いときは温泉に入ったりしてのんびり過ごしています。

kapibara.jpeg

南米のカピバラは外的要因で濡れるのが好きではないらしく、雨が降ると小屋の中や屋根の下で雨宿りをしています。

あまやどり.jpeg

温泉のように、自ら濡れに行くスタイルは雨の日でも例外みたいです。

あめかぴ温泉.jpeg

そんな彼女たちを突き動かすもの、それは食欲です。
お姉ちゃんカピバラのサンちゃんは、 飼育員=餌をくれる人 だと思っているのか飼育の時間に決まって入り口でスタンバイしています。

さん.jpeg

妹のジェーンちゃんは、餌を持って入ると目をキラキラさせながら舌を出して催促してきます。

じぇーん.jpeg

母ジェルミンは常に一歩離れたところから早よ餌くれオーラを出してきます。

じぇるみん.jpeg

この行動は、晴れでも雨でも嵐でも変わりません。


そのため給餌は、歯の削れ方に異常がないか、餌への反応はいつも通りか等、健康管理をするうえで大事な作業となっています。

根菜.jpeg

このように南米エリアのカピバラは毎日ゆる〜く過ごしています。せわしない毎日のささやかな癒しとなってくれたらと思います。みなさん大変な時期ですので体調崩さないようにお気を付けください。

牧草.jpeg

南米の森担当 井上


posted by みさき公園スタッフ at 09:22| 日記