2014年06月03日

舞台裏では・・・

みなさん、こんにちは!
今年のゴールデンウィークはどのように過ごされましたか??
雨の日が何日かあったので、お出かけの予定が狂ってしまった方も
いらっしゃるのではないでしょうか…

さて、早くも6回目を迎えた『獣医の仕事道具』。
今までは、主に動物園で使っている優秀な『道具』たちを紹介させて頂いていましたが、
今回はちょっと場所を変えて…

RIMG0120
RIMG0120.JPG

みさき公園名物!イルカショーが行われている『ユーポスシャイニースタジアム』で
活躍するこんな道具を紹介させて頂きます。

それが、こちら!
RIMG0172.jpg

この機械、こんなに長いケーブル(私たちはプローブと呼んでいます)が
接続できるようになっているのですが、いったい何に使う道具でしょうか??
(そのままの画像だとすぐに答えが分かってしまうので画像を一部編集しています…)

ここからは写真とともにヒントを出していきたいと思います!

電源を入れると画面に何やら数字が出てきます…
RIMG0173.jpg

そして、毎朝の健康チェックの時、この道具は活躍しています。
プールサイドにこの道具を持ってくると…
イルカトレーナーがイルカたちにあるサイン(指示)を出します。
すると…


ご覧のように、イルカたちはサインに従ってお腹を水面に向けるようにゆっくりと反転します。

そして、トレーナーが機械に接続されたプローブをゆっくりとイルカの肛門に差し込んでいきます。


さて、そろそろお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
イルカの肛門にプローブが差しこまれてしばらくすると、
画面に表示される数字が徐々に上がり、数字が安定してきたところで、プローブが抜かれ、
イルカにはOKのサインが出されます。

RIMG0136.JPG
この数字、何かなじみのある数字に思えませんか??
そう!私たちの体温です。
この道具、実は体温計で、表示されている数字はイルカたちの体温なのです。
みさき公園ではバンドウイルカとカマイルカの2種類を飼育していますが、
体温は微妙に異なり、バンドウイルカが36℃前後、カマイルカが37℃前後です。
自ら体調不良を申し出てくれない動物たちに異常があった時少しでも早く、
それを見つけ出してやることができるようこのように毎朝、体温測定を行っています。

普段のイルカショーで、この体温計が登場することはまずありませんので、
皆さんのお目にかかることはありませんが、みさき公園でイルカショーをお楽しみ頂いた後にでも、
こんな道具がショーで活躍するイルカたちを支えているということを思い出して頂けると幸いです。
RIMG0160.JPG

イルカたちの泳ぐプールに反射する光がだんだんと眩しく、
少しずつ夏の足音が聞こえてきそうです。
これからの季節、暑い日も増えてきますが体調を崩さないよう気を付けて下さいね!!

獣医師 児玉 泰輔
posted by みさき公園スタッフ at 14:44| 日記