2016年12月31日

「歩きます。」

みなさんこんにちは!早いもので2016年も、もう終わりですね。
2016年はどのような1年でしたか?

冬はみさき公園の開園日が少なくなりますので、私たち獣医も治療にかけられる時間がまとまって出来ます。
検査や治療が必要な動物がいないかどうか、それは飼育員さんやイルカトレーナーさんたちから情報をもらうことが多いのですが、自分たちの足を使って園内の巡回も1日2回はするようにしています。

巡回は朝と夕方の飼育の時間に合わせてすることが多いのですが、昨日まで治療していた動物の治療も必要かどうか見極めるために、治療セットを持ち歩いていることがほとんどです。

治療セット?
どんなものを持ち歩いているの?
ということで、普段私たちが持ち歩いている巡回ボックスの中身をご紹介します!

@巡回ボックス.JPG
このようなプラケースに入れて持ち歩きます。

A治療セット.JPG

B入れたところ.JPG

薬を吸った注射、アルコールで湿らせた綿花、ガーゼ、洗浄用の生理食塩水、針、注射筒、などなど…
その日の治療に合わせたセットを組んで、毎朝、毎夕巡回へ出発しています。

治療だけでなく、前もって計画していた検査などの準備も持ち歩いていることもあります。

ボックスを持ったスタッフを見かけたら、何が入っているのか、何のために使うのか、ぜひ声をかけてみてくださいね〜。

動物たちにとっては年末も年始も関係なく、淡々と日々が過ぎていっていることでしょう。寒さが厳しい冬となりそうですが、みさき公園の動物たちも冬を乗り切ってくれるよう、私たち獣医師も健康管理には気を付けていきます!

2017年も良い年でありますように!

獣医師;橋本
posted by みさき公園スタッフ at 10:43| 日記