2018年05月20日

ハズバンダリートレーニング

みなさんこんにちは!獣医師の黒木です。
今回はキリンのハズバンダリートレーニングについてご紹介させていただきたいと思います。ハズバンダリートレーニングって何?って思う方おられると思いますが、簡単に言いますと動物を健康に飼育維持していくために、動物はもちろんヒトも安全に体重測定や採血などのトレーニングを行うことです。元々イルカなどで用いられてきましたが、最近では様々な動物を対象に各園館で行われております。みさき公園も負けずに飼育員さんと協力して日々奮闘しております。

今回キリンさんへのトレーニングの道具として使うのが、こちらの左側二つの先が赤く丸くなっている棒(以下ターゲットと呼びます。右の二つについてはまたの機会にでも紹介できればと!)

写真@.jpg

と下の画像のホイッスルを使います。
写真A.jpg


簡単に説明しますと、まずこのターゲットを見せて赤い部分に近づいてくれたらオッケーとしてホイッスルを鳴らして、ご褒美として餌を与えます。これを繰り返していくとキリンさんは覚えてくれて、ターゲットを見せると自ら近づいてくれるようになります。
これを飼育員さんに日々繰り返してもらって、その後から獣医師の出番です。

今回はこのトレーニングでの採血についてご紹介します。
採血では本番の前に何度も練習で下の画像のようにターゲットを見せるとセンイチ君が近づいてくれるので、ここで先が丸くなっている練習用の針を頸の血管に当てて、チクチクした刺激に慣れるように獣医と飼育員さんで一緒にやってきました。

写真B.jpg

そこで先日実際に採血を行ったのですが、その時の画像がこちらになります(一枚目が針を刺した瞬間で、二枚目は針が刺さったまま顔を一旦上げている写真です)

写真C.jpg

写真D.jpg

キリンが顔を上げて針が抜けないようにシリンジのチューブは長くしてあります。
センイチ君は以前にも何度か採血は成功しているのですが、女の子の音羽ちゃんは少し臆病な性格で今まで採血はしたことがなかったです。しかし、先日初の採血を試みると、何とかお互い無事に採血を成功することができました!日々のキリンさんと飼育員さんの努力の賜物ですね!飼育員さん様様です!

このようにもっと他の動物でもお互い安全に健康診断できるよう日々トレーニングは実践しておりますので、またキリンさん以外の動物でも紹介出来たらいいなぁと思っております。
また、キリンさんでは採血以外にも体温測定や削蹄(長く伸びた蹄を切ること)なども行っていますので、機会があったらまた紹介しますね!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
posted by みさき公園スタッフ at 17:09| 日記