2017年07月01日

「似ているようで違うA」

みなさん、こんにちは!
大分、蒸し暑い日が多くなってきましたね。
獣医担当動物たちも、夏の装いにチェンジ(換毛)しております。
前回の予告通り、今回は、アライグマ、ホンドタヌキのよくわかる見分け講座です!

◎アライグマとホンドタヌキの違い@
顔の模様!

アライグマ顔 (2).JPG タヌキ顔.JPG

アライグマは、目の周りが黒く、額から鼻筋も黒いくっきりとした模様があります。
一方でタヌキは、模様は特にありません(夏毛バージョンです)。

◎アライグマとホンドタヌキの違いA
尾の模様!

アライグマ尾.JPG タヌキ尾.JPG

アライグマの尾には、しましま模様がありますね!
一方でタヌキの尾には、模様はありません。

見た目の大きな違いはこの2点です。

もう一つ、大きく違うのが、ご飯風景です。
アライグマは手先の器用な動物で、また木登りも得意です。
一方でホンドタヌキは、実は犬の仲間です。ですので、手先は器用でありませんし、木登りも不得意です。
よって、餌の時には、アライグマは両手を自在に使って、手で挟んだりして口へ餌を運びます。餌の後は、水に手を付けて、きれいにしています(個体差もありそうですが)。

アライグマ手先器用.JPG

ホンドタヌキは、床にまかれた餌を口で拾って食べます。

タヌキ餌.JPG


どちらの動物も、体格は、個体差もありますが、よく似た大きさではあります。しかし以上のような分かりやすい違いがあります!餌は、1日1回、夕方は16〜17時の間で与えています。是非、アライグマ、ホンドタヌキのご飯の時間を狙って見に来てくださいね!
違いがすぐにわかりますよ。

毎年の、今の時期にしか見られない、夏毛のタヌータに会いに来てくださいね!

タヌキ全身.JPG

獣医師:橋本
posted by みさき公園スタッフ at 14:18| 日記